ノックビン(ジスルフィラム錠)

アルコール依存症治療薬レグテクトから抗酒剤ノックビン(ジスルフィラム錠)に変更。強制的に酒を飲めない体質にする訳だから、抑止力の差は歴然。

アルコール依存症の相談をめぐる諸問題

      2016/12/10

アルコール依存症の相談をめぐる諸問題

誰が相談者となるべきか

飲酒問題が生じたときに、飲酒をしている本人が、問題に気づき、相談へ行くことが最も良いことは言うまでもありません。しかし、飲酒問題を起こしている多くの人は自己の飲酒が問題だと認めようとはしません。したがって飲酒をしている本人が相談に行くことはまれなことです。
飲酒問題は多くの場合、まず家庭内の問題として表面化してきます。そのまま放置すると、問題は家庭から親類、近隣、職場などへ広がっていきます。そして、飲酒問題で悩む人も家族から友達、親類、近隣の住民、会社の同僚や上司へと広がっていきます。このような問題の拡大を防ぐためには、問題が拡大し深刻な事態になる以前に、誰かが解決に向かって動き出す必要があります。まず飲酒問題に気がついた人が最初の相談者となるべきでしょう。
相談が開始されると、相談の中心となる人がしだいに決まってきますが、最初の相談者とはかぎりません。相談の中心となる人は、飲酒問題を起こしている人と一番密接に関わりのある人が妥当です。それは飲酒問題を起こしている人の多くが、アルコール依存症である可能性が高いからです。アルコール依存症は依存という特徴をもつ「関係性の病」であり、最も深く関わっている人の対処の仕方により、問題の解決に大きな差異が生じます。飲酒問題を起こしている人との関わりが最も深いのは一般的に家族です。ですから、家族が同居している場合には、相談の中心には家族がなるべきでしょう。

ノックビン(ジスルフィラム錠)の通販は、こちら→お薬館

どのような場合に相談に行くべきか

多くの成人は会社の帰りに同僚と酒を歓むこともありますし、忘年会や新入生の歓迎会などで酒を歓むことは一般に行われていることです。ですが、飲みすぎてたびたぴ会社を休んだり、飲酒で人間関係を壊したり、家族の生活費に影響が出るほど飲酒をすれば、飲酒の仕方を変える必要があります。このときに飲酒の仕方が変わり、問題がなくなると、以後も飲酒を続けることができます。しかし、飲酒の仕方が変わらないと問題飲酒として相談の対象となっていきます。ですから、周囲の人が飲酒により繰り返し迷惑を受ければ、問題解決のために適切な相談機関へ相談をすべきでしょう。
相談へ行くべき家族の中には、家庭内の恥をさらすことになると考え、なかなか相談をせず、問題が拡大して複雑になってから初めて相談をする人がいます。飲酒問題の多くは病気が原因で起きているものです。病気の相談をすることは恥ではありませんし、問題を放置すれば問題はさらに拡大していきます。飲酒問題が生じたときには早めに相談をするべきです。

初めての相談と断酒継続相談

相談には飲酒問題が生じ、何も対策がなされてないままに初めて相談に行く場合と、治療が進み、断酒を継続して回復へと進むために相談に行く場合とがあります。両者の相談の進め方は異なりますので、ここでは分けて考えていきます。
初めての相談
飲酒によりいろいろな問題が生じ、家族を始め周囲の人たちが迷惑を受け出すと、飲酒について相談機関へ相談をすることになります。今までに飲酒問題での相談の経験がない相談者にとって、どのような機関へ相談すればよいのか迷いますが、相談機関は第1章で示された機関などで相談が可能です。
なかには相談を開始したにもかかわらず、相談機関を次々と変える人がいますが、相談機関を変えると、そのつど飲酒の経過や今までの対応などを調べ、分析して、新たに方針を立てなければなりません。その期間だけ相談が停滞することになりますから、相談機関をあまり頻繁に変えることは避けるべきでしょう。
ただ、相談には相談に応ずる相談機関の職員との間の信頼関係が重要ですから、信頼関係が結べない場合には早めに相談機関や職員を変えるべきでしょう。

断酒を継続するための相談
治療が進むにしたがって、多くのアルコール依存症者は将来の家庭生活や社会生活に不安をもちはじめます。特に、入院治療を受けているアルコール依存症者にとって、退院が近づくと退院後の生活に対する不安や断酒の継続への不安はしだいに大きくなっていきます。医療機関ではアルコール依存症者のこのような不安に対し多くの時間を割いて対応していますが、この不安は同じような体験をした人から体験談を聴くことや、アドバイスを受けることで軽減していきます。また、アルコール依存症者が一人で断酒を継続することは困難だと言われています。したがって、断酒の継続や回復へ向かうためには自助グループヘ参加することが有効な手段となってきます。断酒を継続して回復へ向かうための相談では、自助グループヘ参加するための援助が重要です。

相談機関の職員のための留意点

相談を行う場合には、問題を抱えて相談機関へ行く相談者と、相談機関で相談に応ずる職員とがいます。
ここでは相談に応ずる職員が注意するべき留意点について述べていきます。
飲酒問題を無理に認めさせようとしないこと
飲酒問題の多くは、医療機関で治療を受けることや自助グループヘ参加することで回復へ向かいます。
しかし、治療を受けることや自助グループヘ参加するためには、飲酒問題の存在を認めなければ長続きしません。そのために、相談機関の職員は飲酒問題を起こしている人に対して、何とか飲酒問題の存在を認めさせ、治療や自助グループヘの参加を促そうとします。一方、飲酒問題を起こしている人の多くは、自己の飲酒が問題のある飲酒だと気づかなかったり、今までのように飲酒ができなくなることを恐れて、飲酒問題の存在を認めたがりません。無理に飲酒問題の存在を認めさせて、治療を受けさせたり自助グループヘ参加させても、隠れて飲酒をして治療を中断したり、自助グループヘの参加を取りやめてしまいます。
そして問題解決の失敗を職員や周囲の人たちの責任へ転嫁してしまいます。ですから相談相手は、家族に対してアルコール依存症についての勉強を勧めるとともに、飲酒問題を起こした人が飲酒問題に直面し、自己の飲酒問題を認識できるように援助することが必要です。

飲酒者に振り回されないこと
相談が進み家族の対応が変化すると、飲酒問題を起こしている人は自己の飲酒問題に直面します。これは飲酒問題を起こしている人にとって心の痛みを伴い、飲酒に対する自己管理を迫られる結果となります。
そのために、今までのように飲酒ができる環境を取り戻そうと飲酒者はさまざまな努力をします。例えば、自分の飲酒問題に気がついたような発言をし、周囲の人たちを喜ぱせたり、飲酒量を減らす約束をしたり、逆に脅したり、飲酒の原因を周囲の人たちに転嫁したりします。相談機関の職員は、このような行動に惑わされずに、問題の本質をとらえ、相談者を支えながら相談を進めることが重要です。

問題を一人で抱え込まないこと
飲酒問題を起こしている人の家族の中には誰にも相談できずに一人で悩んでいる人がいます。同じように、相談者の信頼を得た相談機関の職員の中には、信頼にこたえるために、自分の力で問題を解決しようとし、問題を万人で抱え込んでしまう人がいます。飲酒問題を解決するためには、医療機関や専門相談機関、福祉事務所、都道府県の精神保健福祉センター、保健所、民間の福祉機関、自助グループなどとの連携が必要です。相談相手となる相談機関の職員は一人で問題を抱え込むことをせずに、飲酒問題に関する関係機関の連携の中で問題を解決するように心がけるべきです。

なぜ相談に手順が必要なのか

アルコール依存症は「関係性の病」とか「とらわれの病」とか「習慣性の病」と言われています。これは、アルコール依存症が周囲の人々を巻き込むという特徴をもった病気だからです。巻き込まれる人々は家族、親類、知人、友人、会社の同僚や上司、近所に住む住民などさまざまです。中でも家族は最も早く、深く巻き込まれていきます。この章では、巻き込まれた人々の代表として家族を取り上げていますが、問題を解決するための相談手順は家族もその他の人々も同じです。家族以外の人がアルコール問題で困った場合には家族をそれぞれの立場に読み替えて相談を進めてください。
人間の行動は、まず出来事を認識し、その内容を判断し、さらに自己の価値観と照らし合わせて最も妥当な行動をとることが心理学の研究から知られています。飲酒をしているアルコール依存症者が、断酒や回復へ向かう場合にもこれらの過程を踏むと考えられます。これらの過程を取り違えると、アルコール依存症者が自己の飲酒問題に気がつかなかったり、家族を恨んだり、何度も再飲酒を繰り返したり、深い罪悪感をもち続けて自暴自棄となることがしばしばあります。ですから、アルコール依存症者の回復のためには次に示すような手順で相談を進めると問題の解決が円滑に進む可能性が高いと言えます。

相談手順の実際

相談を進めていく過程は相談者の考え方によって若干異なります。また独自の技法を開発して実践している相談者もいます。ですから、次に示す相談の手順が絶対的なわけではありませんが、以下に一般的な相談の手順をハ段階に分けて示し、各段階で実施すべき内容について解説していきます。
相談相手を見つける
相談相手は、危機介入から回復に至るまで家族など相談者のパートナーとして相談にのってくれる人です。そのために適切な相談相手を選ぶことは以後の相談には極めて重要なことです。
アルコール問題で最初に困る人は、家族や友人、知人、近所の住民などアルコール問題をもつ人の近くにいる人です。まず困っている人が自分の相談相手を見つけることが一番最初の段階になります。相談相手に知人や友人を選ぶ人がいますが、その場合には体験的な内容から相談が進められ、必ずしも専門的な意見や情報が得られるとは限りません。その結果アルコール依存症からの回復が遅れたり、家族が思わぬ苦労をしてしまうことがあります。ですから相談相手にはアルコール問題に関する専門的な知識や情報をもっている人を選ぶことが必要です。
では、そのような相談相手はどのような機関へ行けば出会えるのでしょうか。それは前のページでご紹介した諸機関です。そのほか自助グループでも相談を実施している場合がありますが、自助グループは本来、自助グループに属するメンバーが相互に助け合うためにある団体ですから、必ずしも相談を行っているとは限りません。自助グループヘの相談は、相談を実施していることを確認してから行く必要があります。
適切な相談相手を選んだ後は、相談相手をあまり頻繁に変更することは好ましくありません。家族などから相談を受けた相談相手は情報を分析し、必要な事柄を調べ、問題解決の方法を検討し、実施していきます。相談相手が変わると、もう一度情報を把握して分析をするところから始めるために、その期間相談が停滞してしまいます。ですから、相談相手を次々と変更すると相談がなかなか進まずに回復が遅れることになります。ただ、相談相手があまりアルコール問題についての知識や情報をもたない場合や相談者との相性が悪い場合には早めに変えるべきでしょう。

アルコール依存症について勉強する

適切な相談相手が見つかると、相談相手は家族にアルコール依存症について勉強することを勧めるでしょう。それは、アルコール依存症が関係性の病であるために、家族がアルコール依存症やアルコール依存症者への対応について知らないと、アルコール問題に巻き込まれて振り回されアルコール依存症者の回復が遅れてしまうためです。勉強をする機関は相談相手が情報を提供してくれます。
ここで家族が学ぶことの第一は、アルコール依存症という病気についてです。アルコール依存症の原因を意志が弱いからだとか、周囲の人間の対応が悪いからだととらえている人がいますが、アルコール依存症は、意志や周囲の人間の対応が問題なのではありません。アルコール依存症は病気であり、アルコール依存症という病気にかかったために飲酒をコントロールできなくなってしまったのです。ですから、家族はこの病気の性格や治療方法を学ぶ必要があります。
学ぶことの第二は、アルコール依存症者への接し方です。アルコール依存症は依存という現象と極めて密接に結びついた病気です。依存は酒に対して生ずるだけでなく、人間関係にも生じます。アルコール依存症者が長い間飲酒を続けられるのは、飲酒を続けられる環境が存在するからです。その環境を作り出しているのは、アルコール依存症者と本人を取り巻く人々です。ですから、飲酒が続けられる環境を変化させるために家族は「アルコール依存症者が飲酒して起こした問題は尻拭いするな」とか「アルコール問題から手を放せ」とか「アルコール依存症者をコントロールするな」などと教わります。家族は家族がすべきこと、家族がやってはいけないこと、家族がやっても効果のないことをしっかりと学ぶ必要があります。

勉強したことを実践する
アルコール依存症者の回復のためには、学んだことを実践して、飲酒をしつづける環境を変化させなければ解決に向かいません。しかし、学んだことを実践すると、多くのアルコール依存症者は今までの環境を維持しようと努力し、家族との間で大きな混乱を生ずることになります。ですから、相談の手順の中でもこの段階は最も困難で長い時間を必要とします。そして相談者にとって、相談相手との密接な連携が必要となるのもこの段階です。
この段階で注意することは、自己流の対応をしないことです。家族はアルコール依存症者との長い生活の中で、依存関係を保つような生活習慣を身につけています。そのために、意識して生活習慣を変えようとしないかぎり身についた生活態度が出てしまい、依存関係は改善されません。迷ったり、行き詰まったり、困ったときには常に相談相手と相談して、家族は、自己の対応方法を検討し、依存関係を変えていくことが必要です。

アルコール依存症者が自己のアルコール問題に直面する

家族が勉強したことを実践すると、今まで家族に尻拭いをさせてきたアルコール依存症者は、飲酒で生じた諸問題を自分で解決せざるを得なくなります。例えば、二日酔いで出勤できないアルコール依存症者
に代わって、家族が会社へ連絡をすることはしばしば見受けられることです。この場合には多くのアルコール依存症者は家族に心苦しく思うかもしれませんが、飲酒問題の重要さには思い至りません。中にはこのような行為は家族の協力であり、家族として行うことが当然だと考える人がいるかもしれません。しかし、家族が飲酒で生じた問題の尻拭いをやめれば、アルコール依存症者は二日酔いで休む口実を自分で考えて会社へ連絡しなければなりません。このようなことがたびたび生ずれば二日酔いで休む口実もなくなり、上司も本人の勤務態度に疑問をもつでしょうし、本人も酒の飲み方について考えざるを得なくなるでしょう。この例に限らず、今まで家族が行ってきた飲酒の尻拭いをやめることで、アルコール依存症者は飲酒の上で生じた問題を自分で解決しなければならず、次第に問題の原因が飲酒にあることに気がつき始めるでしょう。

アルコール依存症者へ回復のための情報を伝える

アルコール依存症者が自己のアルコール問題に直面すると、そこから抜け出すための方法を捜し始めます。しかし、何の情報もなければ問題解決の手段を失い、絶望して断酒をあきらめたり、自責の念に駆られて自暴自棄となるかもしれません。この段階では次の二つの情報を本人に伝えることが必要です。
第一は、アルコール依存症が回復可能な病気だということです。アルコール問題に直面したアルコール依存症者は、問題の解決方法の1つとして節酒をしたり、飲酒回数を減らそうと努力したり、アルコール度数の低い酒に変えたり、断酒を試みたりします。しかし、これらの試みの多くは正当な手順を踏まないため失敗に終わり、ますます自責の念を強めて、問題解決への希望を失っていきます。このようなときに、問題解決の失敗は本人の意志や性格によるものではなく、病気によるものであることが明らかになると絶望感から開放され、治療を受ける必要を実感します。そして、自らの意志で治療を受け出すでしょう。
第二は、専門医療機関や、自助グループに問する情報です。せっかく本人が回復の希望をもち、治療の必要性を理解しても、適切な専門医療機関へ受診しなければ効果は半減してしまいます。アルコール依存症者が飲酒により肝障害を発症し、肝障害を内科で治療した後に再び飲酒を始めてしまったなどという例はしばしばあります。ですからこの段階では、アルコール依存症の治療が可能な医療機関や、断酒を継続して、人間的な回復を目指す仲間のいる自助グループに関する情報を提供することが必要です。

アルコール依存症者が治療を受ける

自らのアルコール問題に直面し、問題の重大さに気がついたアルコール依存症者の多くは、問題の解決に向かって努力を始めます。この時期に適切な問題の解決方法が示されると、多くの場合示された方法を試してみます。問題解決の1つとして適切な医療機関に関する情報が提供されると、受診に向かって進みます。この結果、医療機関ではアルコール依存症のメカニズム、飲酒が及ぼす精神的・身体的影響、家族への影響、断酒継続の要点などを学ぶことになります。情報が提供されたにもかかわらず医療機関につながらない場合には、問題への直面が不十分で、自分のアルコール問題の重大さに十分に気付いていないことが考えられます。

自助グループヘ参加する

退院したり、通院していても治療が進むと、アルコール依存症者は、今までの遅れを取り戻そうと考えたり、迷惑をかけた家族等に償いをしようと考えて仕事や家族サービスに頑張るようになります。家族の中にもアルコール依存症者を励まして、今までの遅れを取り戻させようとする人がいます。しかし、退院をしたことや通院で治療が進んだことは、回復に向かって前進したとは言えるものの、アルコール依存症から回復したわけではありません。アルコール依存症からの回復は、単に断酒が続いているだけではなく、対人関係のもち方や考え方、酒のない時間の過ごし方など生活様式の変更が必要となってきます。
アルコール依存症者や家族が生活様式を変えて回復をするためには専門治療を受けるとともに、自助グループヘ参加することが最も確実で近道だと言われています。自助グループヘの参加が必要なのは以下のような理由からです。
第一の理由は、互いに励まし合いながら断酒生活を続けていく仲間を得ることです。専門の医療機関で治療を受け、アルコール依存症の怖さを十分に理解しても、1人で断酒生活を続けていくことはなかなか困難なことです。それは、酒が強い嗜癖作用をもつ飲み物だからです。この嗜癖作用により酒を飲みたいという飲酒欲求が湧いてきますが、飲酒欲求は強く、一人で耐えることは非常に強い精神力と努力が必要です。ですから、同じ問題を抱える仲間が互いに励まし合いながら飲酒欲求に耐えて断酒を継続すること
が、1人で飲酒欲求に耐えていくよりも回復を確実にしていきます。
第二の理由は、酒を飲まずに付き合える友達を作るためです。多くのアルコール依存症者は「飲み友達」をもっていますが、酒を飲まずに付き合える友達は多くありません。そのようなアルコール依存症者が断酒をすると、友達もなく孤立してしまいがちです。アルコール問題を理解して、酒がなくても付き合える友達を作るためには、断酒生活をしている人たちの集団である自助グループが最も適した集団だと言えます。
第三の理由は、酒のない生活様式を学ぶためです。子どもが成長する過程では、子どもは親をモデルとして、親の行動を真似するところから始めます。そして、しだいにそれぞれの子どもの環境にあった行動へと工夫をしながら成長をしていきます。このように人間が経験のない行動をする場合には、一つの方法として周囲の人の行動をモデルとして学び、自分の行動を決めていく方法を採ることが知られています。
この方法はモデル学習と呼ばれています。
モデル学習をするためには、近くにモデルとなる人が必要です。アルコール依存症者が回復へ向かう場合にも同様のことが言えます。多くのアルコール依存症者は長い間飲酒生活を続けてきましたから、断酒をした直後には酒のない生活に戸惑います。酒を媒介としない対人関係のもち方や、時間の使い方など多くの点で飲酒時とは異なった生活が要求されます。このような時期に断酒した生活を送っているモデルが近くにいないと、酒のない生活に迷い、習慣化された飲酒行動が出てしまうことがあります。このように、酒のない生活を続けるためには、同じような問題を抱え、解決した経験をもつ回復者をモデルとして、酒のない生活を新たに作っていく必要があります。そしてモデルとなる人と出会える場は自助グループが最適です。ですから、酒のない生活を送るためには自助グループヘの参加が重要となります。

新たな家族関係の成立
アルコール依存症からの回復とは、単に断酒を継続しているだけではなく、飲酒時に行っていた行動習慣を改善して、人格的な成長を遂げることです。回復しつつあるアルコール依存症者は対人関係のもち方、感情のコントロール、行動習慣など生活の中の多様な面で変化してきます。アルコール依存症からの回復を疑っていた家族も、それらの変化を見て、しだいに狭疑心を和らげてアルコール依存症者への信頼度を増していきます。その結果、家族関係は改善され、しだいに円滑となっていきます。しかしながら、多くのアルコール依存症者にとって、家族からの信頼を得るためには多くの時間と大きな努力が必要です。

相談手順を巡る落とし穴

相談の手順では家族が陥りやすい特徴がいくつかあります。これらの点に気がつかずに相談を進めても、時間がかかり効果が上がらないことになります。ここでは相談を進める上で陥りやすい点について「落とし穴」として紹介します。
手順を踏まずに治療を受けさせようとする落とし穴
アルコール依存症者の飲酒問題に悩んでいた家族は、原因が病気にあることがわかると、治療を受ければアルコール問題が解決すると考えがちです。そしてj家族の中には本人の治療意欲に関わりなく無理に治療を受けさせようとする人がいます。アルコール依存症者が治療意欲をもっている場合には問題なくそのまま治療へと進みますが、アルコール依存症者が受診を拒否しても、無理に病院へ連れて行く家族もいます。無理に病院へ連れて行かれたアルコール依存症者の多くは、やがて通院を中断したり、入院中に飲酒をすることばかり考え、退院をするとすぐに飲酒をしてしまいます。そして治療に失敗した原因を無理に受診させた家族へ転嫁して、自己のアルコール問題を棚上げにします。この結果、飲酒がさらに長い間続くことになったり、入院と退院を何度も繰り返すことになってしまいます。ですから、家族は手順を踏
み、アルコール依存症者が自己のアルコール問題に直面するように環境を整え、アルコール依存症者が治療の必要性を感じたときに受診を検討するべきでしょう。

勉強したことと実践が異なる落とし穴
家族がアルコール依存症や家族の対応を十分に勉強したのに、その後の進展がない場合があります。これらの人たちの実践を見ると、学んだことと行動が異なっていることが少なくありません。例えば、家族がしてはいけないと学んだ「飲酒時の尻拭い」を続けていたり、家族がしても無駄なことと学んだ「飲酒をしないように監視すること」が熱心に行われていたりしています。
では、なぜ勉強したことと実践が異なってしまうのでしょうか。第一に、勉強する以前の行動が習慣化されており、家族は目の前の出来事に対して、勉強をする以前の習慣が出てしまうためです。第二に、家族の中には「アルコール依存症者のことは自分が一番よく知っている」と思い込み、自己流の対応をしてしまう人がいるためです。家族は勉強したことを実践するために、自己の行動が学んだことと矛盾がないように常に相談相手と話し合い、行動を振り返ることが必要です。

治療を始めると、アルコール問題が解決したと考えてしまう落とし穴
家族の中にはアルコール依存症者が医療機関へ入院したり通院を始めると、これでアルコール依存症者の病気が治り、アルコール問題は解決すると考える人がいます。そのために、今まで通っていた勉強会や自助グループヘの参加を中断してしまう人もいます。しかし、アルコール依存症者が治療を受け始めたことは、回復へ向かって一歩前進したものの、アルコール依存症から回復したわけでもありませんし、アルコール問題がなくなったわけでもありません。アルコール依存症者の中には、断酒をした後もしぱらくは飲酒時と同じような思考や行動をとる人が多く見られますし、再び飲酒を始める人も珍しくありません。
ですから、家族は、アルコール依存症者が治療を開始した後も勉強会や自助グループヘ出席して回復へ向けた努力をする必要があります。

 

ノックビン(ジスルフィラム錠)の通販は、こちら→お薬館

 

 - アルコール依存症